宝くじ vs 草コイン

2018年1月16日から17日にかけて、ビットコインが暴落しました。その落差なんと40%。厳しすぎでしょ!
「勝手に増えていく」億り人特集の翌日にビットコインが急落 – ライブドアニュース

仮想通貨の取引価格が、1日で急落した。代表的な通貨「ビットコイン」取引大手のビットフライヤーのチャートを見ると、2018年1月16日朝には1ビットコイン169万円ほどで取引されていたが、同日17時ごろから値を下げ始め、翌17日朝に一時103万円まで落ち込んだ。

で、アルトコインたちも軒並み下げまして、僕の草コインたちもい~い感じに下げました。投入資金25.2万円が9.6万円になりました。マイナス15.6万円。

そりゃね、数千万円、数億円損したトレーダーがいる中で、たった15万円ぽっちと思われるかもしれない。でも15万円稼ごうと思ったら、マクドナルドで時給900円のバイトをして166時間くらい、つまり1ヵ月くらい働かないといけないわけです。そういう金額なんですよ。正直、痛いですよこれは!

なので、自分を慰めるために「もしも宝くじを25万円分買っていたら?」と考えてみました。まず、宝くじと草コインを比較してみましょう。

宝くじ 草コイン
1枚の値段 100円~500円 数円~
購入機会 年5回 24H/365D
抽選回数/購入 1回 上場廃止になるまでずっと
外れたら 紙屑 価値は残り続ける
当選確率 極めて低い 低い × 時間無制限 = そこそこ

草コイン、圧倒的有利!!!

例えば宝くじを25万円分、1枚300円で約833枚買ったとしましょう。
で、9万円ゲットするためには4等10万円を当てるとして、1万分の1の確率。800枚そこらの購入数では圧倒的不利!!!圧倒的不可能!!!

あ~、草コイン買っといて良かった~(ニッコリ)

まあ、宝くじが損すぎて語るに値しないギャンブルだっていうことなんですけどね。
仮想通貨トレーダーの皆様も、宝くじバイヤーの事を思い出して、気持ちを落ち着かせましょう。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )