取引所から預金を盗まれるリスクと対策

いやー驚きましたね。日本の仮想通貨取引所、CoincheckからNEMが約580億円分も送金されちゃったというニュース。

コインチェックが580億円のNEM不正流出について説明、補償や取引再開のめどは立たず | TechCrunch Japan

既報の通り、仮想通貨「NEM(ネム・XEM)」の不正流出が明らかとなり、NEMを初めとした仮想通貨の売買を中止している仮想通貨取引所「Coincheck」。サービスを運営するコインチェックは1月26日、その詳細を説明する会見を東京証券取引所で行った。

この件、いろんな視点、いろんな議論はあるんですけども、難しい話はさておきストレートに事態を捉えるとこうです。

「あ…ありのまま、今、起こった事を話すぜ!」
「おれは、取引所にお金を預けていたと思ったら、いつの間にか無くなっていた」
「含み損だとかロスカットだとか、そんなチャチなもんじゃあ、断じてねえ」

取引所から仮想通貨が盗まれちゃうことを、2014年に起こった事件にちなんで「GOXする」なんて言いますが、まあシャレにならんですね。
他のサービスで例えてみれば、こんな状況ですよ。

  • 預金が盗まれる銀行
  • 車が盗まれる駐車場
  • 物が盗まれるトランクルーム

こんな「預ける」というサービスの根幹が成り立たなかったら、ユーザーはどうしようもないです。お話にならない。

「あ、仮想通貨の取引所はときどきGOXするから、自衛するためにウォレットに入れておかないと。まだ知らなかったの?」

とか仰る仮想通貨界隈の訳知り顔ユーザーもいますが、「取引所に預金する」という行為が一時的にでも発生している限り、よくある話では済まされないわけです。
そんなにサービスレベルが低いのなら、使わないのが一番ですよ。

でもです。でもでもです。仮想通貨を買ったり売ったりガチホしたりして儲けたいという、欲深い投資家の方々も多いでしょうから、取引所の利用には、リスクを承知の上で何らかの対策が必要というわけですね。
ここでは2点、挙げてみましょう。

仮想通貨をウォレットで管理する

仮想通貨を専用の財布に入れておくということですね。幾つかの種類があり、ハードウェア(ガジェット)、ソフトウェア(アプリ)、Webサービスなど様々です。
個人的にはそれらの違いよりも、そもそもウォレットに入れておくことのメリット、デメリットを気にしています。

メリットは、なんといっても取引所に置いていないから盗まれにくい、という点。
でもね、デメリットもいろいろあるんですよ。

  • 送金手数料が高い
  • 送金先を間違えるとセルフGOXする
  • やっぱり盗まれるかもしれない
  • ウォレットが壊れるかもしれない
  • 仮想通貨によっては損益確定しなければならない

送金手数料の高さは地味に痛くて、痛くないのは億り人くらいでしょう。
セルフGOX、つまり仮想通貨が消えちゃうことですけども、こんなのトラディショナルな銀行からしてみたら鼻で笑われますよね。まだまだ仮想通貨は発展途上なんです。
あと、ハッカーが取引所で泥棒する確率と、ウォレットから盗まれたりウォレットが壊れたりする確率って、結構どっこいだと思いませんか?そのウォレット、本当に大丈夫ですか?信じられますか?
トレード面では、ビットコイン建てで草コインを買っていたりする場合、草コイン対応していないウォレットに移すためには草コインを売らなければならないです。ガチホ作戦と相反するんですよねこれ。

というわけで、仮想通貨のウォレットって、なんだか通っぽいけど実際のところイマイチですね。まだ今のところはね。

信頼性の高い取引所に預けておく

個人的には、これしか方法がないのかな、と思っています。だって世の中、ほとんど信頼性で成り立っているようなものですよ。実際。
取引所の信頼性をチェックするなら、こんなところでしょうね。

  • 金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」に登録されている
  • 出資企業が大手企業ばかり

金融庁のリストに載るためにはどんな基準を満たさないといけないのか、まだ調べていませんが、とりあえず、どこの馬の骨とも分からないような企業は載せないでしょう。ちなみに我らがCoincheckさんはまだ審査中でした。あっ(察し)という訳でもないですけどね。
あと、出資企業が大手企業だったら、チェックも厳しいだろうし、何かあったら助けてくれそうじゃないですか。

ともあれ、「この取引所なら泥棒に入られないだろう」と信じるに足りるかどうか、そこがポイントとなる訳ですね。

番外編:日本の取引所ならどうにかなるかも

Coincheckさん、盗まれたお金を補償するとのことです。

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について | コインチェック株式会社

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
(中略)
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

約460億円くらい自己資金で補填できると。儲かってまんな。
そしてこれが日本の取引所で仮想通貨を盗まれた時のスタンダードな対応になる訳ですね。個人情報漏洩は1人500円、みたいな感じでね。
こうやって人知が積み重ねられていくわけですね。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )