リスク軽減型 決算ギャンブル手法

最終更新日

「好業績っぽい銘柄を決算発表前に買っておけばいい感じに儲かるんじゃね?」

と思って株トレードをやってみましたが、これは「決算ギャンブル」といって、既に手垢の付いた古来からの手法であり、新しいことは何もありませんでした。
しかもググってみるにつけ、「なかなか勝てない」「損する確率も高い」「とりあえず止めておけ」などなど散々な評価。理由は以下です。

  • そもそも企業の決算内容は予想しにくい(知ってたらインサイダー取引)
  • 好業績であっても、コンセンサス予想を下回っていたら株価が上がらない
  • 逆に業績が悪化していたら株価が急落する

うーん、なるほどね。ハイリスク・ハイリターンな上に、コンセンサス予想とかいう邪魔なものがあって、これを超えないと株価が上がらないと。
しかし何やねん…、このコンセンサス予想ちゅうヤツは!

コンセンサス予想 ~ インフォバンク マネー百科

株式市場では、個々の株式について複数の証券アナリストによる1株当り純利益や株価レーティングを集め、それを平均した値を指して「コンセンサス予想」と呼んでいます。コンセンサス予想は、その時点における証券アナリスト、エコノミスト、その他の市場参加者の期待を示していますので、たとえば、ある会社の公表利益がコンセンサス予想値と大きくかけ離れた場合には株価は大幅に変動します。

誰?
証券アナリストってどこの誰?
ちょっと誰と誰と誰なんかちゃんと教えて!
勝手な予想せんといて!

とは思うものの、思ったところでコンセンサス予想は無くなりませんので、これと対峙せねばなりません。さて。

で、考えたことはこれです。リスク軽減型の決算ギャンブル手法
もう簡単に言っちゃうと、こういう基準で買います。

  • 東証一部上場
  • 数期に渡って好業績
  • ROA、ROEが高い
  • ボリンジャーバンド観点で株価が下がっている
  • 出来高が低い

で、急騰すれば売り、急落すればナンピン買いをします。
株価が下がっていればさらには下げにくいだろう、仮に下げたとしても東証一部上場で好業績ならそのうち戻すだろう、という見通しですね。

まあ、あんまり投機の面白みは無いかもしれませんが、ベンチャー企業に決算ギャンブルを仕掛けて「勝率が低い」なんて判断するのは早計だと思うんですよね。
ご参考まで。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )