人力スクリーニングからの脱却

株のトレードを再開して約2ヵ月、いろんな視点で上がりそうな銘柄を探していました。

  • 知っている業界や企業
  • 急騰銘柄、急落銘柄
  • 好業績の銘柄、低PERの銘柄
  • 出来高の少ない銘柄(話題になっていないうちに仕込むため)
  • 権利付き最終日の近い銘柄、過ぎた銘柄

で、銘柄探しには、以下のサイトを使っていました。

しかし、銘柄探しがとっても面倒くさい!
あっちのサイト見て、こっちのアプリ見て、また戻って見て、やっぱこれもいいかなと思い、また別のサイトを見て…。
…。
ギャーーー!!!

人力でのスクリーニングは、とにかく時間がかかる上に、チェックできる範囲に限界がある。記憶力にも限界がある。こんだけ情報化社会が進んでいるのに、産業革命以前かよ!とすら思える非効率さ。

いや、上記の各サイトは、それぞれ便利なんですよ。無料で十分な機能を提供してくれていますよ。でもね、僕がやりたいスクリーニングが一発でできない。これが唯一にして最大の欠点。

だから、一念発起して、スクリーニング用のツールを自作することにしました。
株価や業績のデータをデータベースにため込んで、SQL文で一発スクリーニング。
これっしょ。今どきこれくらいできないと間違ってるっしょ。

というわけで、少し前からツールを開発しています。名前は「俺の株システム(仮)」。データの取得元は今のところこちら。

「日本株全銘柄 株価一覧表」は有料化の準備中とのことですが、ぜひ有料化して頂いて、安定的に情報提供して頂きたいです。生命線なんで。
「トレーダーズ・ウェブ」は、決算発表スケジュールが超便利です。助かります。

やっぱり、不満を感じたらそのままにせず、改善できないか考えて変えていくことが大切なんだな、と思いましたとさ。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )