はじめてのごはっちゅう

最終更新日

いやー、やっちゃいましたね、株の空売りの誤発注。アイタタタ…。
反省と記録のために、記事にしちゃいますよ。

前兆

2月上旬からの下げ相場で、どげんかせんといかん、ということで空売りを始めました。
初回の銘柄では成功。我、帰還セリ、ということで少し気を良くしています。

で、次の銘柄は?ということで、好業績だけども日経平均同様に値上がりすぎている銘柄を選定。貸借倍率が1,000倍以上で、これ値崩れんじゃね?と目論む。
しかも明日は木曜日。週末相場を考慮して、仮に持ち越しても金曜に売れるはず、と算段。

当日:ザラ場

前場の寄り付きで売り注文。しようとしたら、「制度信用取引できないけどHYPER空売りならできるよHYPER料かかるけどね」と言われる。(当方SBI証券ユーザー)
ふーん、ちょっとお金かかるだけかな、しかしHYPER空売りってダサいネーミングやな、とか思いつつ日計りを選択。

ザラ場では順調に値下がり、よしよしまた上手くいきましたよ、とほくそ笑む。

で、後場の大引け前に、仕事の会話をしながら隙を見て発注
はい、今日も頂きました~!ピースピース!v(^_^)v

と、思ったら。あれ、信用建玉が減ってない、てか倍になってる。

…。

!?

また空売りしてるやーん!(@_@;)

含み益は減少して大引け。アワワ…。

当日:大引け後

混乱していました。

日経平均や各種指標では上げ基調、唯一円高進行が味方だけど、どうなるのこれ。
もし急なストップ高になったりしたら死ねる…。好業績銘柄だし…。
と思って追証回避の事前資金投入。焦りまくり。

相場の予想記事って、適当書いてるよな~と思っていましたが、実は、トレーダーの不安解消のための子守歌になってるんだな、と感じつつ就寝。

翌日

円高なのに株式市場は上げ基調という朝を迎え、不安で落ち着かない。
空売りしている銘柄は、寄り付き前の気配で一瞬下がっていたけども次の瞬間には上げ。ヤバいこれ、寄り付きですぐ売るか、いやいや週末相場を信じて後場まで待って売るか、○万円くらいの損失なら受け入れるか、とか思考をめぐらす。

で、寄り付き。恐る恐る口座を見ると…。

あれ、買い戻されてる。

日計りって、そういうことなのね…。
HYPER料を含め、少額ながら損失をしてしまいました。

ちなみに仮に後場まで待っていたら損失は広がっていました。この点は運が良かった。ありがとうHYPER空売り。

反省点

一番の失敗は、適当なトレードをしたことです。あと、見てお分かりの通り、素人丸出しですね。いろいろ学んではいるものの、まだまだ全然初心者です。はあ…。
貸借倍率が1,000倍以上てのも、制度信用取引ができないことが理由ですよね。

反省点をまとめます。

  • 仕事をしながらトレードしない
  • 大きな額ほど慎重にトレードする
  • 理解していない仕組みのトレードはしない
  • 信用取引をもっと理解しないといけない(まだできていない)
  • 何があるか分からないからポジションの持ち越しはなるべくしない

とりあえず、大損害にならなかったのは不幸中の幸いと捉え、また来週から頑張りますよ!

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )