投資活動を始めて良かったこと3つ悪かったこと3つ

最終更新日

昨年末から投資活動を始めて、良かったこと、悪かったことっていろいろあるよなと思いまして、簡単にまとめておきます。

ではまず早速、良かったことの第3位から。

【良かったこと第3位】経済ニュースの把握度が上がった

投資活動をやる前は、経済ニュース?ふーん、別に、くらいにしか思っていませんでしたが、今は全然違います。

「え、米国債の金利が上がった?」
「なに、トランプ大統領がまたいらんこと言ったの?」
「A社の決算が良いのは、あの新規事業が上手くいっているからか。買い候補だな」
「B社のこのタイミングでの悪材料、影響は大と見た。空売りで」

みたいな感じ。経済ニュースの把握度が上がったというよりは、経済ニュースは死活問題だから知ってないと死ぬ、というイメージですね。まあ、仕事や生活でも活かせる知識だと思うので、これは良かった。

次、良かったことの第2位。

【良かったこと第2位】読書スピードが上がった

以前は、本や漫画を読むのがすごく遅かったんですよ。一字一句、頭の中で声に出しながら読むような、そう読まないと気が済まないというような、そんな遅さ。でも、今は違います。ささーっ、と目を通していきます。興味深いところはゆっくりになり、興味が無ければ読み流す。

なぜこうなったかと言えば、株のデイトレードの銘柄選定の際に、株価の5分足、板情報、業績、貸借の状況などをパパっと見て把握する必要があり、そういうことを毎日している内に、情報の収集能力、不要な情報の切り捨て能力が高まってきたからだと思います。まだまだスピードアップできそうであり、これは得したと思ってます。

で、良かったことの第1位は?

【良かったこと第1位】判断力が上がった

第2位と似ているのですが、判断力、判断スピードが上がりました。これはデイトレードのおかげで、即断即決しないといけませんからね。

仕事においては、事の重要さを鑑みて、どうでもいい事は即決、どうでもよくない事は進め方を即決。プライベートにおいては、例えば物を取っておくのか捨てるのか、食事は、睡眠はどうするのか、まあだいたいにおいて即決。いろいろとスピードアップで早くなりました。以前はこの辺りが弱かったので、向上して良かったです。まあちょっと、人が変わったかな…、と若干の不安が残りますけども。

では次に、投資活動を始めて悪かったことを挙げていきましょう。第3位から。

【悪かったこと第3位】肩が凝るようになった

今までは肩凝り知らずでしたが、急に来ましたね。頭の後ろから首筋、肩にかけてバキバキしてます。たぶんこれ、デイトレードが緊張するからだと思うんですよ。緊張で筋肉が張り詰めているわけですね。こういうことがあると、もっと若い頃から投資に慣れておくのが良かったんだろうな~と思います。ま、覆水盆に返らずということで。

次、悪かったことの第2位。何でしょうか。

【悪かったこと第2位】本業に影響があるかも…

えっと、平日の9:00~11:30、12:30~15:00って、ほら、東京証券取引所が開いているじゃないですか~。だからその、9:00前に気配を見たり、寄り付きで注文入れてみたり、儲かったら利確してみたり、大引け後に今日の反省と明日の作戦を考えてみたり。ポジションがあるときは常に値動きの事を考えているし、あと、Twitterの様子を眺めるのもちょいちょいやるし。

ごめんなさい!>本業の関係者の方々

まあ、適度な緊張感が本業にも良い影響を与えていますんで!(言い訳)

それはさておき、最後、悪かったことの第1位は!?

【悪かったこと第1位】お金が減った

…。

いやー、ははは、ほら、お金が減ったのは一時的であって、これからまた増えるから!
大丈夫大丈夫!

_| ̄|○

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )