Amazonレビューを使った気晴らし方法

小ネタです。

Amazonで、俺の株の名前でレビューを始めたんですよ。リンクはこちらです。

Amazonの俺の株のページ

あ、アフィリエイトのコードとか埋まってないですから。ご安心ください。

アフィリエイトはやりません

Amazonのレビューを好きなように書くと、いい気晴らしになることに気付きました。理由は多分、こんな感じ。

  • 上から目線で語れる
  • 無責任に語れる
  • 書きぶりは適当でよい

例えば、芥川龍之介『杜子春』の僕のレビューはこちら。

杜子春に煽り耐性を学ぶ
杜子春、仙人にめっちゃ煽られるのよね。途中までよく耐えましたよ。頑張った。でも、親を傷つけるのだけは勘弁してくれ、それは無理、超えちゃいけないライン超えてるよ。
杜子春で、煽り耐性について考えさせられました。

しかし2回もゲットした大金を、浪費してしまうとは杜子春、情けないぞ。8割くらいは貯金しとかないと。

ブログで記事を書くよりも、さらに適当に、気軽な気持ちで自己表現できるわけですね。ブレインストーミングにも良いかもしれません。

投資活動でむしゃくしゃしたら、Amazonのレビューに適当に書き散らかして、気晴らしをするというのも良いですよ。