単元未満株で始める長期投資

最終更新日

昨年末に株を始めて、少ない資金で単元未満株を買ってみて、やっぱ信用取引の方が効率いいやと思って書いたのが以下の記事です。

その際に、単元未満株は全て売り払ったんですよ。
でも、いつの間にかまた買っちゃっていました。(∀`*ゞ)エヘヘ
その理由は、「小さい資金力で長期投資がしてみたかった」です。

ポートフォリオはこんな

今、持っている単元未満株はこちら。2018年6月8日時点の評価値です。

No. コード 銘柄名 PER 配当利回り 保有割合 評価損益率
1 1861 熊谷組 10.42倍 2.67% 40.1% 3.29%
2 3994 マネーフォワード -倍 0% 8.0% 8.28%
3 6184 鎌倉新書 90.44倍 0.18% 15.2% -8.08%
4 9445 フォーバルテレコム 12.76倍 3.77% 36.6% -1.24%

熊谷組とフォーバルテレコムがバリュー株マネーフォワードと鎌倉新書がグロース株、という位置づけ。マネーフォワードのPERが未定義なのは、赤字企業だからです。赤字最強。

無駄に円グラフにしてみるとこんな感じです。

最初の頃は熊谷組とフォーバルテレコムばっかり買っていましたが、最近は絶賛値下がり中の鎌倉新書を買うことが多いですね。人口動態からすれば、これからは高齢の方々がどんどんお亡くなりになるでしょうから、絶対爆上げすると思うんだけどなぁ鎌倉新書。あと、ポートフォリオにハイデイ日高を加えようかなと思案しているところ。

ではなぜ、単元未満株とかいう小銭ものでわざわざ長期投資をするのか?
メリットを挙げてみましょう。

資金力を約100倍にできる(ただし相対的に)

多くの日本株の単元株数は100株、つまり100株単位で売買しないといけません。これが少額投資家にとっては正直キツイ

例えば僕の買っている熊谷組であれば、今の株価が3,740円だから一口374,000円。これ、長期投資するためにドルコスト平均法を使おうとしたら、ドルコスト平均法のドルコ…、くらいでだんだん息苦しくなってくる。出せるには出せるけども、余剰資金かと言えばスンマセン違います、と言わざるをえない額。

そりゃあね、書籍を出してイケイケのバフェット太郎氏のように、毎月50万円、100万円を突っ込めんぜ!という投資家ならいいんでしょうけど、そんなにお金ないんですよ、正直。

そこで救世主のように現れるのが単元未満株。1株から売買可能。資金力は、相対的にではありますが単元株で売買するときの約100倍になります。大金持ちかよ!
長期投資が目的だから、一日の値動きとか売買タイミングとかまあ気にしなくてもいいやと思えるし、至れり尽くせりです。

長期投資を学ぶことができる

で、資金力の不安が解消されたところで、やっとこさ長期投資について学べるわけですね。ドルコスト平均法の有効性や、バリュー株、グロース株の選定、観察、評価。自分に合った売買の頻度、額、資金計画。

お金持ってないから長期投資が学べない、という悩みを解決してくれるのが単元未満株

最高ですか!?最高です!!!

現物の保有銘柄を眺めてはニヤニヤできる

僕、信用取引もやっておりますけれども、やはり金を借りて売買で利幅を得ようとする行為は、あまり心が落ち着きません。株の値動きやニュースも四六時中見ていますし、グッドニュースもあればバッドニュースもある。のんびりしているとチャンスやリスク回避が遅れる。脳の活性化に良いかなと思う反面、脳の摩耗を早めているだけなのではとも思います。6ヵ月という返済期限もありますし、長期間の塩漬けという手も使えない。

その点、現物はいいですね。値上がりしても値下がりしても、基本的に放置。安くなったら買い入れてみたりして。企業の成長と株価の連動を想像してニヤニヤしたり、とにかく心に余裕があります。

こういう気持ちになれるのも、資金力に余裕があるおかげ。ありがとう、単元未満株。

まとめ

言っときますけどね、こんな少額投資、全く儲からないですからね。でもいいんです。学びがあって楽しめて、それでいいじゃないですか。

儲からないと言うならば、他の趣味やレジャーと比べてみてくださいよ。単元未満株での長期投資は、圧倒的にお金使わないですよ。むしろ儲かったりするんですから最高です。

そんな気持ちで、しばらくは続けていこうと思います。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )