逆日歩ってなあに?

最終更新日

空売りをやっている投資家が気にするものの一つ、「逆日歩」。こいつは何者でしょうか。そ~れ野村~に聞いてみよう~♪、ということで野村證券のサイトを見てみます。

野村證券 | 逆日歩(証券用語解説集)

信用取引において信用売り(空売り)が、信用買い(空買い)を上回り、株券が足りなくなった場合、株を貸してくれる人に支払う貸株料のこと。

信用買いの際に証券会社から借りたお金に付いてくる支払い金利が「日歩」。「逆日歩」は信用売りの際に証券会社から借りた株が不足した時に払うお金。株不足でなくても、信用売りでは証券会社に貸株料を支払いますが、これは逆日歩とは言わないのね。あくまでも株が不足した時の追加料金ということ。

逆日歩のポンチ絵を描いてみるとこんな感じでしょうか。

証券会社は株を証券金融会社(日証金)から調達しますが、株が不足してくると日証金も機関投資家などから株を調達して、それぞれにお金がかかってくるということ。それが末端の投資家の逆日歩になるという仕組みです。

ところで、こうして絵に描いてみると、おや?と思うことがありませんか。

そもそも空売りって、株の価値が落ちそうだからそれに拍車をかけてやろうと投資家が株溢れの株価下落を狙ってやる取引。ところが他方では株の不足が発生して逆日歩という形で株の価値が上がっていると。株式市場でアンバランスが発生しているんですね。

アンバランスが大きくなればなるほど、その逆流が発生しやすくなるというもの。逆日歩が大きくなってきたら短期的な買い入れをして、逆流、すなわち踏み上げ相場に乗ってみるのも手ということですね。

個人的には、この株の貸借の動きも市場の息づかいの一つと捉え、理解を深めていきたいと考えています。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )