マネーフォワードの夏枯れ相場の原因を考える

最終更新日

2018年8月、マネーフォワード、いい感じに下げております。
まずは日足チャートをご覧ください。

8月9日をピークに、8営業日で約1,000円くらい下げてます。
単元株の100株で言えば、約10万円のマイナス。

いてえよ~!!

しかし何か悪材料があったかというとそういうわけではなく、逆に、好材料が出てこないことが、投資家の気持ちを離している原因と思われます。

ここで、マネーフォワードのプレスリリースとIRのページを見てましょう。

プレスリリース|株式会社マネーフォワード
IRライブラリ|株式会社マネーフォワード

プレスリリースは8月6日から、IRは7月18日から、なんにも出ていない…。株価の下落の時期と符合しますね。つまりそういうことです。たぶん。

もう忘れてしまったかもしれませんが、思い返してみると、マネーフォワードはいろいろな事業展開ネタを持っています2018年11月期 第2四半期決算説明資料から再確認してみましょう。

  • クラウド経営分析ソフト『Manageboard』を提供するナレッジラボ社をグループ化
  • 『MFクラウド請求書』ユーザーが、請求データに基づき、売掛金を早期回収できるサービスを開始(MF KESSAI連携)
  • マネーフォワードフィナンシャルの設立(仮想通貨に関するメディア、交換所、送金・決済)
  • ”AI融資審査モデル”の開発に着手
  • GMO Global Fintech Fundに戦略的パートナーとして参画
  • インドのPFM『ORO Wealth』を提供する企業への出資
  • 金融庁「FinTech実証実験ハブ」支援案件に参加

こういう面白ネタをたくさん持っているのだから、赤字企業として、事業投資の進捗を適宜公表してほしいものですね。

きっと、8月だったしお盆ど真ん中だったし、夏休みだったんですよ。
次のプレスリリースやIRを楽しみにしております。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )