投機対象に感情移入してはならない単純な理由

つぶやきです。

2018年9月末に日経平均は高騰し、同年10月末、大幅下落しました。

そんな中、僕のポートフォリオも痛手を負ってしまいました。そして痛手を負って初めて気づくこともあるようです。

「投機対象に感情移入してはならない理由」がやっと分かりました。

その理由は単純。「他の市場参加者が、感情移入などせずに売買しているから」です。

  • この会社は将来性がありもっと伸びるはずだ
  • 社長がやり手であり期待が持てる
  • とばっちりの事故や不祥事を受けて可哀そうだ
  • 被災地なので応援したい

などなど、投機対象に感情移入できる点は沢山あります。

しかし、そんな感情を一切無視して買い上げる、売り崩すのが市場。そんな切った張ったの中で、感情移入による売買の躊躇は、すればするほど命取りになる。

感情移入を止めないと、投機では勝てない。それができないなら、投機ではなく投資に切り替えた方が良い。

投資ワールドは未来に希望するものですが、投機ワールドは戦争そのもの

「悲しいけどこれ戦争なのよね」 by スレッガー・ロウ(機動戦士ガンダム)

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (2.50/4件)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )