2018年12月1日時点の運用成績

投資家の皆様、いかがお過ごしでしょうか?今年もいよいよ12月、終わりに近づいてまいりました。あんまり寒くないな~と思っていたら急に冷え込んだりして、体調に気を付けないといけない昨今ですね。

さて、みんなのお楽しみ、運用成績のコーナー、やりますよ。前回は9月下旬。あの頃は、まさか株式市場が10月下旬にかけてあんなに下げるとは、思ってもいませんでしたね…。

市況の振返り

では、直近の市況を振り返ってみましょう。

日本株10月上旬まで上げましたが、下旬にかけて急落、セリング・クライマックスまだ~?と苦しんでしまいましたね。その後、米国の中間選挙が11月6日にありましたが、大方の下馬評どおり、上院を共和党、下院を民主党が優勢で終了。日本市場への影響はそれほど大きくありませんでした。また並行して、継続する原油安。日本は原油の消費国なので、安くてラッキー状態になっているはず。日経平均の11月の意外な底堅さは、その辺に理由があるのかもしれませんね。

米国株はあんまり見ていませんが、直近はグロース株のFAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)やNVIDIAが下げて、大騒ぎになっていました。また、米国は産油国であり、原油安もNYダウの軟調に影響したようです。米中貿易戦争は終わっていませんが、悪化観測と改善観測が毎週のようにコロコロ変わり、なんともはやの滑稽さでしたね。

仮想通貨は、暫くヨコヨコしていましたが、11月中旬から急落、ビットコインにおいては1BTCが70万円台から一時40万円を割るところまで落ち込みました。ビットコインキャッシュの分裂騒動が主な原因とのこと。難しすぎてよく分かりませんが、仮想通貨界隈は、まだまだ仕組みが発展途上なんですね。仮想通貨の価値下落で、マイニングによる収益が下がってしまいマイナーが撤退、送金スピードに悪影響を及ぼしそうという話も気になるポイントです。

運用成績

そんな市況の中、僕の運用成績はこんな感じ。

まだまだマイナスなんですけども、少し改善してきました。10月下旬の株式市場の下落はなかなか厳しく、資金投入して信用余力を上げてしまいましたよ。こうやってコツコツドカンの下地ができていくんですねぇ。安定したら減資しなきゃ(笑)

で、俺の株の分野ごとの運用成績とトピックはこんな感じ。

No. 分野 運用成績 トピック
1 個別株 +7.86% 一目均衡表を採用してトレードが安定傾向。ストップ高を3回ゲットして復活。
2 ETF -21.61% WealthNavi先生に定期積立して放置中。先生が買ってる銘柄をチェックするのも面白い。※マイナスの大部分は損切りした時の傷跡
3 仮想通貨 -79.87% ビットコインの急落で含み損がぎゅんぎゅん拡大。これからどうなるのか未知。撤退間近。

個別株のトレード注力して、ETFと仮想通貨のマイナスをカバーする作戦を継続します。頑張るぞ!

おまけ

2017年11月30日から投資活動を再開して1年が経ちました。近日中に、この1年の振返り記事も書いてみたいと思います。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (4.33/6件)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )