新しい「俺の株システム」のしくみ

最終更新日


俺の株システム 2050

令和、明けましておめでとうございます。今元号もよろしくお願いいたします。

さて、新元号一発目の記事は、新しい「俺の株システム」についてです。10連休という長すぎる休暇を活かして、温めてきた構想を現実のものとして結実させました。

前回までのあらすじ

僕は、株トレードを始めて、人力スクリーニングに嫌気がさし、「俺の株システム」を開発しました。

ただこのシステム、結構やっつけで作ったので、以下の課題がありました。

  • 自宅のパソコン上に作ったので、銘柄選定が自宅でしかできない
  • データの取り込みが手動で、平日毎晩、取込み作業が発生
  • 銘柄選定のSQL実行は、MySQL Workbench(開発用ソフトウェア)からであり面倒
  • 流行っていたという理由だけで採用したPythonに馴染めず、不具合を放置

よくこんなので一年以上やってきたよな~と思います。人間、習慣化すると割と何でもできるもんですね。

で、こういった課題を解決したのが新しい「俺の株システム」、略して「俺シス!」です。

システム概要図

これが「俺シス!」の概要図だ!


俺シス!(クリックで拡大)

世界を支えている蛇と亀と象の絵みたいになってしまいました…。

仕組みの根幹は、旧バージョンと変わらずデータベースに株価等のデータを突っ込んで、SQL文で条件を指定して銘柄選定する、というものです。これは王道。この仕組みを、Windows PC上からLinuxのレンタルサーバに引っ越して、画面をWeb化しました。データベースにMySQL、データ取得にPerl(Pythonから変更)、画面にPHPを使っています。あと、今風のスマホ画面対応のためにBootstrapを採用しました。

データ取得元は、こちらも旧バージョンと変わらずKABU+日証金TRADER’S WEBです。まあ、TRADER’S WEBの決算発表日の情報は今のところ使ってないですけどね。

ちなみに、Web化して公開するにあたり、著作権を守るため株価等の各種データは掲載せず、銘柄の選定結果のみを掲載しています。あしからずご了承ください。

俺シス!初回リリース機能

初回のリリースでは、3つの機能を搭載しました。

まず、テンバガー候補。これは、「株価や時価総額が低くて好財務な会社は、そのうち大化けするんじゃね?」という期待に応えるものです。まあ、そうそう当たりはしないでしょうから、下手な鉄砲も数撃てば当たる方式と組み合わせるんでしょうね。

次、高配当利回り。これは、「好財務な上に高配当利回りな株を買っておけば、手堅くインカムゲインを得られるよね~」というもの。配当利回りが高くても、業績悪化で株価がどんどん下げているような銘柄は、急に減配になったりするリスクがありますからね。

最後、逆日歩狙い。株価がどんどん上がっていく銘柄は、信用売りで売り込まれることもあります。そこに発生するのが株不足であり逆日歩。信用買いで逆日歩ゲットしつつ踏み上げ(信用売りの買い戻し)を待ったり、逆に逆日歩が下がったところで売りに回ったり、いろいろ楽しめます。

今後の予定

機能面では、PERを考慮したバリュー株の選定とか、割と簡単に追加できそうです。後は細々とした使い勝手、見栄えの改善とかをやっていきたいですね。元情報を確認するためのリンクは、今はYahoo!ファイナンスだけですけど、今後改善していきたいと思います。

何か気づいた点や要望、アイデアなどありましたら、俺の株@Twitterまでお伝えください。

まとめ

今回のWeb化は、結構大きな進歩だと思っています。ただ、この進歩は、一年以上あーだこーだやってきたからこそ出来ることかなと思います。SQL文一つを取っても、散々条件をいじってきた結果があるからこそ、ほぼコピペで作れるというもの。継続は力なり、日々の積み上げを活かすことが大切ですなんですね。

おまけ

僕は割とレガシーなシステムエンジニアなので、俺シス!で使っている技術もMySQL、Perl、PHP、Bootstrapとかなり枯れています。同じようなシステムを作ってみたい方は、以下のような本を読めば出来ると思いますよ。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (5.00/5件)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )