【日産自動車】初めまして減配【ベリテ】

最終更新日

減配を同時に2件も喰らう

配当利回りだけを見て、日産自動車ベリテの株をちびちびと買ってたんですよ。そしたら5月14日の両社の決算発表で、両社とも減配を発表。株価がガクンと下がりました。

No. コード 銘柄名 減配前 減配後
株価 配当利回り 株価 配当利回り
1 7201 日産自動車 840.2円 6.78% 785.8円 5.09%
2 9904 ベリテ 397円 8.89% 360円 5.52%

両銘柄とも配当利回りがまだ5%以上あり、まだまだ高配当と言えるのですが、期待が外れてしまった時点で目論見違いと判断、両方とも即時に損切り。手痛い損失となりました。

日産自動車の振り返り

日産が高配当だよという話はニュースやTwitterで知っていて、ゴーン元会長の事件はゆくゆくは悪材料の出尽くしになると判断して買い始めました。一時はいい感じに含み益もあったのですが、だんだんと雲行きが怪しくなってきます。

最初の兆候はこちら。4月23日です。

日産株が下落、業績を再度下方修正との報道-配当への懸念も – Bloomberg

テレビ東京は23日夜、日産が前期の連結業績を大幅に下方修正すると伝えた。下方修正は2度目となる。主力の北米市場や中国市場で売り上げの減少が止まらないことなどが背景にあり、24日に発表するという。

あれ、これなんてリーク?こういう報道ってありでしたっけ?という微妙な空気の中、株価は下落。今にして思えば、ホルダーさん逃げて~のサインだったのかも。

次の兆候は5月14日の当日、14時過ぎの値動き。

株価急落。まさかインサイダーじゃないですよねぇ…。

5月14日の17:30頃に決算発表があり、その瞬間にPTSで投げ売りました。怪しい兆候があったにも関わらず、高配当に目がくらんで逃げられなかった僕の負け。

ベリテの振り返り

ベリテが高配当だと知ったのは、俺シス!のおかげです。

高配当利回り | 俺シス!

見つけた当初は配当利回り7%超。ベリテは宝飾品や時計の小売り大手で、なるほど不景気な世の中で貴金属は手堅いのかもしれないと思って買い始めました。日足チャートではカップウィズハンドル的な値動きじゃね?と思ってたんですよ。ここ最近の米中貿易摩擦に対してもディフェンシブだし、いけるかもと。

そしたら5月14日の13時の決算発表で減配が明らかになり、株価急落。

気付いた瞬間に投げ売りました。ベリテについては、ファンダメンタルズ分析を何もやらなかったのが敗因。まあ日産も同じだけど。最近はテクニカル分析が中心なもんで…。

お金の損失よりもショックなこと

今回の損切りでまーたお金減っちゃいましたけど、それよりもショックなことは、教科書的なセオリーを軽視していて、その通りに失敗したこと。

配当利回りを狙うなら、ちゃんと配当が出るか、増配できそうかなど、その会社の財務状況や業績を評価すべきでした。日産とか明らかに業績悪化しているのに、見て見ぬふりしてましたからね…。

あと、年利3%以上の投資は何かがヤバいcis本に書かれていたこと、もっとちゃんと考えるべきでした。高配当な銘柄は、株の価値が下がることによって利回りがどんどん良くなっていきます。株の価値すなわち企業の価値や業績が低く評価されているということで、その結果の一つとして、減配という形で配当利回りが適正な値に近づく。このありがちな流れからも目を背けていました。

こんなセオリー無視での失敗、それも同時に2件、ほんとトラウマものです。今回は結構メンタルに響きましたよ…。

唯一評価できること

振り返ってみて唯一評価できるのは、即時に損切りしたことです。目論見違いは損切り

仮に売らずに持ち続けていれば、配当金をもらいつつ業績や株価も回復したかもしれない。しかしそうなるかどうかは分かりません。分からない未来に賭けて資産をロックするよりは、反省して、他のより確度の高い投資先に投資する、回転率を下げない、というポリシーであります。そこは曲げなくて良かった。

まとめ

次に配当利回りを狙うときは、ちゃんとバリュー株を選びますよ…。

次回!「バリュー株で大儲け!(仮)」にご期待ください。

この記事をご評価ください

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (5.00/2件)
Loading...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )