祝!預かり資産4000億円!WealthNaviの運用成績(開始後3年3ヵ月8日)

最終更新日

2017年12月26日にWealthNaviに入金して本日2021年4月3日で1194日、3年3ヵ月と8日が経過しました。前回投稿したのが2020年7月25日、時間の経つのは本当に早い。

去年の夏ごろから今までの投資ワールドを振り返ってみると、コロナ禍による経済的ダメージをどうにかするぞということで、やはり大きかったのが米国の金融緩和政策。お金がジャブジャブのシャバシャバですよ。いや実際には見たことないけど。そういうことらしいですよ。おかげで株はどんどん上がってボーナスステージかよ!という状況。

最近やっとこの、金融緩和もそろそろ終わりじゃね感が出てきましたが、そしたら今度は本格的な景気回復の流れが来るのかな~、来たらいいな~、てところですね。

そんな中、WealthNavi先生の預かり資産が4000億円を突破。スゲェ。

ウェルスナビ、預かり資産4000億円突破

ロボアドバイザーサービスWealthNaviを提供するウェルスナビは、3月31日時点で預かり資産残高が4000億円を突破したと発表した。3000億円突破は2020年10月9日。約半年で1000億円を積み増した。
(中略)
ウェルスナビの柴山和久CEOは、「次のマイルストーンは預かり資産1兆円」としている。

言うね~、CEO柴山!

でもでも、実際の運用成績はどうなっているの?よく分からない会社に、そんな大金を預けて大丈夫なの?ねぇ!実際のところを知りたい!

ということで、僕の運用状況を大公開しましょう!

以下、ネタバレ禁止(いつものヤツ)




















こちらです。(クリックで拡大)

「+26.26%」!?

いや正直言うと、なんか実感がなくなってきました。放っておいてこの含み益。え、マジで?本当に?という気持ち。

まあ確かに、コロナ・ショックでは震えましたよ。歯がガタガタしてましたよ。

でもでも、CEO柴山が「臆せず入金せよ」(超訳)って言うもんだから、信じて積立しましたよ。そしたらこの結果だよ。お金が増えて嬉しいとかいうよりも先に、呆然ですよ。僕の理解を超えている。

なので、最近は、先生と呼ばずに神と呼んでいます。WealthNavi神。CEO柴山は、教祖柴山に格上げですよ。

キツネにつままれた気持ちですが、はい、神を信じて積立を続けます。(^p^)

実際のところ、金利0.001%の銀行に預けておくよりよっぽど良いですね。(^-^)b

この記事をご評価ください!

星クリック!
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ (未評価)
読み込み中...
皆様からの評価をお待ちしております。
( ´∀`)人(´∀` )